株式会社たちばな 株式会社たちばな

【長野本店】喪服を着たいけど、着るのが大変

「きもの」をお着付けするのは、女性は男性より工程が多く大変だと思います。

 

大切な方の訃報を耳にするのは、とてもつらいことだと思います。

駆けつけたいけど、葬儀は平日になることがしばしばあり、職場から駆けつけることも多いと思います。

 

喪服は、日本女性の第一礼装として、受け継がれた衣装で、これに勝るお着物の格はありません。

出来たら、家族に限らず、知人の席でも着て行きたい。。。

 

 

ここにお着付けのプロがいますよ(^^♪

急な依頼だと、手配できないことがあります、、、でも、何とか出来る限りの対応をさせて頂きます、水曜日が定休日で、早朝6:00前のお着付けはお断りしています。皆様も今から、着付けに必要なものはしっかり準備しておいてください。何かないことが一番ですが、突然の別れに接した私としては、葬儀の準備などに追われて、衣装は後回しになりがちです。

 

お店のブログで私見ですが、人の心を表現する衣装としては、喪服を多くの方に理解して着て頂けたら嬉しいです。

私の祖父と祖母の葬儀に、母親が着ている姿を後ろから見ていて、きれいだなと思いました。介護してきた母親、実の両親を亡くした思いは、私には計り知れませんが、毅然とした態度は、さすがだと思いました。

 

今回書いたのは、お客様から、着たいけど。。。とそんな話をしたのがきっかけです。

 

おきものの事でお困りのことがあれば、是非一度、たちばな長野本店までお問い合わせくださいませ。

 

寒くなってきましたね。ご自愛くださいませ。

関連記事一覧