下諏訪町 御柱祭木落し」 色留袖

No.88

下諏訪町(しもすわまち)

御柱祭木落し

色留袖

長野県だけではなく全国に広く知られている御柱祭。その祭りの中でも一番迫力のある木落し。山から切り出した木に氏子がまたがり、急坂を滑り降ります。年によっては木の下敷きになり亡くなる人も出てしまうほどの男気を感じる出し物ですが、その迫力や力強さが動きの中に表現できず、何回も何回も描き直して、やっとの思いで仕上がった作品です。(文/松本よね子)