2024年成人必見!! 失敗しない振袖の選び方【色・柄・スタイル別の振袖選び方】

 

「一生に一度しかない成人式だから、振袖にはこだわりたい!」

でも、こだわりたいと思うからこそ振袖選びでとても悩む方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、そんな振袖選びのお悩みを解決する

失敗しない振袖の選び方のポイント」を徹底解説します!

 

 

目次

振袖の選び方 準備編!

★振袖の情報をリサーチ!

★振袖はコーディネートで魅せる!

失敗しない振袖の選び方

★色の選び方

★柄の選び方

★なりたい振袖スタイル別(イメージ)の選び方

スタイル別振袖コーディネート

まとめ

 

振袖の選び方 準備編!

振袖の情報をリサーチ!

突然振袖を決めようとしても、

振袖そのものや全体のコーディネートなどがイメージできていなければ決めるのは難しいです。

 

そこで!

まずは振袖カタログや呉服店・フォトスタジオのホームページ、SNSで振袖の写真やコーディネートを見てみることから始めてみて下さい!

 

特にSNSは振袖のコーディネートの他にメイクやネイル・ヘアスタイルなど幅広く調べられ、個性的な組み合わせも見つけられるのでイメージがしやすくおすすめです♪

 

お気に入りの振袖画像を保存しておけば、いざ振袖を選ぶとき
お店の店員さんに見せられる
ので、イメージも伝わりやすくなりますよ。

 

 

 

 

振袖はコーディネートで魅せる!

 

振袖の選び方のポイントにうつる前にもう一つ知っておいてほしいのが振袖はコーディネートが重要であるということ。

 

例えば、自分に似合う振袖でも、悪いコーディネートだったら
振袖の良さが生かせません。

 

逆にお気に入りで自分に似合わない振袖でも、気になる部分を
コーディネートで上手くカバーすれば自分に合う振袖姿になります!

 

これから振袖を選ぶ方ももう決まっている方も、
自分の選んだ振袖の色や柄が自分に合っているのか、後々気になることがあると思います。

 

限度はありますが、

振袖はコーディネートでイメージを変えられるもの。

 

なので振袖についてあまり気にしすぎず、

できるだけ自分が良いと思った選び方をしてみて下さい

 

ちなみに直感で良いと感じたものは後悔しにくいですよ。

 

失敗しない振袖の選び方

ここからはおすすめの振袖の選び方をご紹介していきます!

 

色の選び方

それではまず初めに、色の選び方からみていきましょう!

 

色の選び方でおすすめなのが、

暖かみのある色か冷たさを感じる色かで決める方法

 

ここで言う暖かみのある色・冷たさのある色とは、
色を赤系or青系に分けた暖色・寒色とは違います。

 

色には、例えば同じ赤でも様々な色味があり、
「赤」の中でざっくりと暖かみのある色・冷たさのある色に分けることができます

 

 

具体的に
暖かみのある色というのは、全体的に黄色味がかったような色で、冷たさのある色は全体的に青みがかったような色のことを指しています。

 

例えば赤色の振袖を探していてなんとなくしっくりこない…というとき、それまで見ていた振袖が暖かみのある色か冷たさのある色か一度確かめてみて、暖かみのある色が多かったなら冷たさのある色を見てみて下さい

 

 

暖かみのある色・冷たさのある色どちらもある場合は、
暖かさ・冷たさ両方を持つ中間の色味から振袖を探してみるとしっくりくる色が見つかるかもしれません。

 

 

一つ注意してほしいのが、
この方法はパーソナルカラーとは別の選び方であるということ。

 

なので
「自分の肌や髪の色がオークル系だから暖かみのある色から選ぶ」というような選び方よりも、シンプルに合わせてみて似合う・自分が気に入ったかで選んで下さい

 

 

 

 

柄の選び方

次は柄の選び方でどんな風に印象が変わるのか見ていきましょう。

 

 

振袖の柄をよく見てみると、

例えば花柄の場合、描かれている花の輪郭(線)がはっきり
しているものは元気で可愛い印象が強くなります

 

さらに

線が太く、花の色とは違う色の場合はよりその印象が強まります

 

 

 

逆に

輪郭(線)が細いorはっきりしない柄は淑やかで大人っぽい印象に見えます

 

 

 

吉祥文様やストライプなど幾何学的な柄は、柄そのものが大きい(太い)ほど元気な印象が強まります

 

ただ、色によって柄や振袖全体の印象が変わるため、目安の一つとしてみて下さい

 

 

また、振袖の柄を選ぶ場合、一般的に背の高い人には大柄が、

背の低い人は小柄が合いやすいと言われていますが、

必ずしも当てはまるわけではなく、着る人によって振袖が合うか合わないか変わります

 

体型で、「この柄(または色)は似合わないから…」と諦める前にまず試着してみて下さい!

 

 

 

 

なりたい振袖スタイル(イメージ)別の選び方

「全体的に可愛い感じにしたい」「クールでモードな着こなしがしたい」などなりたいイメージが先に決まっている方は、

そのイメージにそって振袖の色・柄を決めていきましょう!

 

先ほど紹介した色の選び方の場合なら、
冷たさのある色は大人っぽい・クール・カッコいいイメージが作りやすく、暖かみのある色は元気・可愛い・優しいイメージが作りやすくなります。

 

 

これをふまえて、コーディネートするとき振袖が冷たさのある色・輪郭のない柄であれば、大人っぽくてクールなイメージになるので、小物やヘアスタイルで可愛い・甘いイメージをプラスすると全体のバランスがとれます

 

一度自分でコーディネートした後、見直してみて

「ちょっとクールすぎる」「可愛すぎて子供っぽいかな…」など気になったら

 

バッグを可愛い柄にする・ストレートヘアにして帯揚げや帯締めを落ち着いたイメージのものに変えるなど、バランスを見ながら少しずつ変えていくと上手くコーディネートができますよ。

 

 

スタイル別振袖コーディネート

いろんな振袖のスタイル別コーディネートがあるので、ぜひ参考にしてみて下さい♪

CUTE振袖スタイル

かわいく仕上げるキュートな振袖コーディネートのポイント

  • 柄も輪郭薄めで大人っぽく
  • 全体の色味は冷たさのある色
  • 帯まわりはグレーで締めるフリル衿・ぽっくり・ヘアメイク・バック・髪飾りなどとことん可愛く♡

POP振袖スタイル

おしゃれに華やかに仕上げるポップ振袖コーディネートのポイント

  • 帯周りや衿・髪飾りやアクセサリーなどは、振袖に入っていない色でまとめる
  • 顔が引き立つようにメイクは振袖とは別の色で!(トーンはあわせる!)
  • 全体の色味は冷たさのある色で!

COOL振袖スタイル

流行に個性を入れるクール振袖コーディネートのポイント

  • 衿・帯周り・草履に締め色の黒を投入!
    ★ワントーンコーデ使いできる振袖・帯でも締め色で個性=COOLに!
  • 赤・水色・紫がポイントに!
  • 全体的に冷たさのある色でまとめる

MODE振袖スタイル

流行のシンプル振袖をワンポイントアップするモード振袖コーディネート

  • 流行のシンプル振袖でモードにカッコよく!
  • 衿・帯周り・メイクを振袖の色味と揃えてすっきりと!
  • 大きめの幾何学模様の帯で遊びを!
  • 全体の色味は暖かさのある色で!
  • 流行のシンプル振袖でモードにカッコよく!

 

まとめ

いかがでしたか?

振袖は自分を可愛く、カッコよく見せてくれるもの。

 

なので鏡で見たときに自分が1番きれいに見える振袖や

良いと思える1着を選んでみて下さい

 

皆様に素敵な1着が見つかりますように。

 

 

 

 

新作振袖入荷しました!

 

新作振袖も対象!

かんたんに振袖の無料試着予約ができます。

 

  1. 下記のボタンをタップorクリック
  2. 気になる振袖を1つ~3つ選んで
    右下のしかくいボタンをタップorクリック
  3. 店舗への無料試着予約フォームへ進みます♪

 

 

 

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読んでいます!

カタログ請求・ご来店について