株式会社たちばなフォトスタジオ シャレニー

2020年度成人座談会:【テーマ1】成人式・振袖について

成人することや
成人式ってどんなイメージ?

佐藤: 大人としての第一歩…かな。人生の節目を迎えるイメージ!
藤井: そうだね。成人したら、中身も外見も落ち着いた人になりたいなって思う。20歳に相応しい格好をしたりしてね。スーツとかで颯爽と歩いている人を見ると、思わず「大人だ、カッコイイ!」って思うから。
中嶋: 私は姿勢よく歩いている人を見ると、大人だなって思うな。パキッとしてて素敵!成人したらわたしもそんな大人になりたい。

成人式では何が楽しみ?

中嶋: やっぱり、可愛い振袖が着れることが一番の楽しみ!先日専門学校の卒業生の振袖姿を見かけて、白地に大きい花柄の着物がとても可愛かった♡
佐藤: 私も振袖を着れるのが、今から待ち遠しいな。振袖は黒地に花模様のものを着る予定だよ!
西野入: すごい!二人ともイメージが固まってるんだね。私はまだぼんやりとしか考えていないけれど、時間をかけてゆっくり納得のいく一着を決めたいな。
藤井: 僕は振袖じゃないけれど(笑)、袴を着るのが楽しみだな!もう着るのは決めてあるんだ。何を着ようか考えるのも楽しいよね。
小出: 小学校、中学校以来会っていない友達とかと、久々に会えるのも楽しみ!

どんな振袖を着てみたい?

小出: 私は人とかぶるのが嫌なタイプなので、花柄とかよりも珍しい柄がいいな。例えば虫柄とか!
全員: え!虫柄!?
小出: 蝶々柄とか。昆虫ではなくて可愛い虫ね(笑)あとは見たことないような不思議な柄とかも着てみたいな。
宮島: 私はカタログに出てるローラの着物が可愛いと思った♡色だと黄色とか、えんじ色も素敵かも。赤も捨てがたいし…迷っちゃうね!たちばなの冊子見て、緑もいいなって思った。深緑とか!
西野入: 柄が大きいのが可愛いなって思うけれど、模様が派手だと着物負けしちゃいそうで避けちゃうかも。

佐藤: みんな定番の花柄とかよりも珍しい模様の振袖が好きなんだね。
宮島: 古風だったり、レトロだったりする柄もこうして見てみるとカワイイな。
小出: そうだね!実際にモデルさんが着ている写真見るとイメージが膨らむね。今まで考えたことなかったけれど、黒地に白で鳥柄とかも着てみたい!

 

お母さんに自分が着た振袖を着て欲しいと言われたらどう思う?

宮島: 自分の趣味に合っていたら全然あり!
小出: 私も!祖母の振袖の話を聞いてると、今とは違う刺繍や柄とかの良さがあって、趣きを感じるからいいなって思ったよ。
西野入: 私、実際に母に言われた!母が着たのは黒地の大人っぽい振袖で、グレーのファーをつけてカッコよく着ていて素敵だったのだけれど、私は可愛いのが着たいから断っちゃった。
中嶋: 好みが似てたら着たいなって思う。
佐藤: そうだね。昔の味を活かしたレトロな着方も可愛いね♡

👉ママフリについてもっと詳しくチェック

 

この記事を読まれた方は、こんな記事も読んでいます!

カタログ請求・ご来店について