株式会社たちばなフォトスタジオ シャレニー

振袖の色や柄には意味がある?!色別にまとめました!

振袖の色、柄にはこんな意味があった!

 

未婚女性の第一礼装とされる振袖ですが、その色や柄にはさまざまな意味が込められているのをご存知ですか?
色や柄選びに迷った時、それぞれの持つ意味やイメージを参考にしてみるとおもしろいかもしれません。
ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。

■日本人の繊細な色彩感覚

日本人は古来より、四季の移り変わりによる色彩の変化を敏感に感じ取ってきました。
植物の色や、虫や鳥の羽などに美しさを見出し、衣服の色に取り込んできたのです。
例えば「赤」なら朱色、緋色、赤紅色など、実に豊かな色数があります。

 



赤は魔除けの意味を持ちます。太陽や火、血の色でもあり、古くから神聖な色とされてきました。

赤色の振袖一覧はコチラ >>


ピンク
桃色や桜色、ローズなど、女性らしく可愛い色み。優しさや柔らかさを感じさせます。

ピンク色の振袖一覧はコチラ >>



自然や植物をイメージさせる緑は、穏やかな癒やしの色。安定感や調和を表します。

緑色の振袖一覧はコチラ >>



晴れ渡る空や美しい海をイメージさせる青。冷静さを意味し、知性を表す色でもあります。

青色の振袖一覧はコチラ >>



日本だけでなく世界的にも「高貴な色」とされます。優雅さや高級感を感じさせます。

紫色の振袖一覧はコチラ >>



清らかで、汚れのないものの象徴として使用される白。無垢で清楚な印象を与えます。

白色の振袖一覧はコチラ >>


■身の回りのあらゆるものを文様に

動物、植物、乗り物、道具などの身近なものモチーフにした柄や、
さらには自然現象や風景にいたるまでさまざまなものが文様化されてきました。
そこには季節や品格、願いごとなどが表されています。


花柄
振袖と言えば花柄をイメージする人は多いはず。
色鮮やか花々が組み合わされた振袖は、とても美しく華やかな雰囲気を醸し出します。
桜、梅、藤、菊、牡丹、バラなど。桜ひとつとっても、八重桜、枝垂桜、桜吹雪などバリエーションが豊富です。

桜→日本の国花であり、豊かさの象徴と言われます。
梅→厳寒の中で咲くことから、逆境に耐える人生の理想とされます。
バラ→ピンクは上品さ、白は清純さ、黄色は友情などの意味を持ちます。


おめでたい柄
「よい前兆」という意味の吉祥文様は、縁起のよい柄としてお祝いの席で好まれます。
鶴、亀、鳳凰、松竹梅など多くは中国から伝わったものですが、
熨斗、橘、御所車、貝桶、宝尽くし文など日本で生まれた柄もあります。

鶴、亀→「鶴は千年、亀は万年」と言われるように長寿のシンボル
扇→繁盛・開運の吉兆。邪悪を避け、福を招くとも言われます
御所車→平安時代の貴族の乗り物で、雅な王朝文化の象徴です


格調の高い柄
平安時代、貴族に必要とされた「有職(ゆうそく)」という決まりごとに基づく柄を有職文様と呼びます。
品格のある幾何学的なデザインで、丸文、菱文、立涌、亀甲文などがあります。


期間限定で今 開催中のキャンペーン

【総額1000万円キャッシュバック✨】

 

【Web事前予約&母娘来場で振袖下見の方にジルスチュアートの口紅プレゼント✨】

この記事を読まれた方は、こんな記事も読んでいます!

カタログ請求・ご来店について