株式会社たちばな 株式会社たちばな

男の着物の着こなしについて真面目に考えてみた

 

中世ヨーロッパのお話し

 

20180818_120816 (002)

 

ある男性が恋人の家に向かう途中

 

咲いている花を摘み、花束を作りました

 

そして恋人の家にたどり着くと

 

その花束を渡して

 

プロポーズをしました

 

すると女性は、受け取った花束から

 

一輪だけ花を抜き取り

 

男性の胸元に挿して

 

プロポーズを承諾した

 

 

 

 

うーーーん(´-ω-`)

 

 

 

 

 

なんとも

 

 

 

 

 

ロマンチック( *´艸`)

 

 

 

どーもこんにちは

 

20180818_115937 (002)

 

ロマンチックな雰囲気は苦手で

 

シャイで有名な栁澤です

 

 

20180818_115937 (3)

 

今日は結婚式にお呼ばれです

 

 

 

 

会場となりましたのはこちら

 

20180818_101302 (002)

 

青空の下、眩しいほどの存在感を放つ

 

立派な建物

 

長野市の㈱たちばな本社の

すぐ近くにあります

 

”ANNIVERSAIRE NAGANO”

(アニヴェルセル ナガノ)

です

 

僕も気が付けば今年で36歳となり

 

俗に言う”アラフォー”です

 

そんなこともあり久々の

 

結婚式のお呼ばれでした

 

この度の結婚式は

 

社内恋愛の末に結ばれた

 

お二人の結婚式という事で

 

弊社といたしましては

 

一大ビックイベント

 

でございます

 

そのため、参列者となれば

 

20180818_130908 (002)

 

20180818_131039 (002)

 

20180818_130936 (002)

 

着物の人がいっぱい

 

となるわけです

 

そんななかなかレアな雰囲気が

 

味わえる結婚式ですが

 

ロマンチックは苦手とかではなく

 

ブチ破りにかかるこの方

 

20180818_113814 (002)

私の上司、丹下本部長

 

改め

 

丹下常務

 

の、主賓挨拶から始まった訳ですが

 

ロマンチックどころか

 

常識をブチ破る

 

 

 

”イノキ、ボンバーイェ ♪

イノキ、ボンバーイェ ♪”

 

の軽快なBGMとともに

 

20180818_122233 (002)

 

赤いタオルを首にかけて

 

颯爽と登場し、

 

「みなさん元気ですかー⁉」

 

「元気があれば何でもできる‼」

 

から始まるというwww

 

 

 

 

 

 

会場全体はというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(*^▽^*) www

www   www  www

www            www

(≧▽≦) www

 

ウケてました・・・

 

 

 

 

まあそんな話しはさておきまして

 

式の途中、重大な事に気づいた訳です

 

それは、

20180818_130824 (002)

無地×無地

 

 

 

 

20180818_142909 (002)

シンプル×無地

 

 

 

 

 

20180818_130734 (002)

控え目×オシャレ

 

 

 

 

私はというと・・・

 

 

20180818_143037 (002)

メッチャ柄( ;´Д`)

 

しかも写真斜めってる

(丹下常務)

 

本来であれば男性が結婚式で

着物を着用する場合、

あまり派手で華美な

柄着物は避けて無地感や

控えめな着こなし

が良いでしょう

 

その上で

羽織を着用することは

必須として、

会場や式の格式によっては

袴を着用する

のが良いとされています

 

本日の僕のきものはどう見ても・・・

 

 

 

 

派手な柄着物・・・

 

 

 

 

しかしながらこういった考え方も

実際にあります

男性が洋装で結婚式に出席する場合

本来はブラックフォーマルに

白ネクタイがマナーですよね?

 

しかし昨今、ブラックフォーマルに

白ネクタイで出席している人が

どのくらいいるでしょうか

 

兄弟や親戚はともかく

同僚、友人の場合には

スーツの色も様々になってきており

ネクタイの色も様々です

 

洋装はマナーが緩和されてきているのに

和装だけがマナーに縛られてることが

きものを着るのを不安に感じてしまう

一因ではないかと思うわけです

 

普段は結婚式には洋装で出席していた

人が、わざわざ着物で出席してくれた

 

そこにはきっと新郎新婦に喜んで

もらいたいという気持ちがあるはずです

 

その気持ちが大事‼

 

 

 

つまり結論としましては

 

結婚式のお呼ばれには、男性は

無地系の着物が無難ではありますが

羽織を着用していれば、着物の柄は

それほど気にしなくても大丈夫‼

 

 

これが僕なりの結論です

 

 

 

 

話は結婚式に戻りまして

今日はとても幸せそうなお二人を

見る事ができて、僕も幸せでした

 

20180818_125607 (002)

 

新郎が新婦にプロポーズでプレゼントした

白いガーベラの花言葉は

”希望”

だそうです

 

今日のこの良き日を心より

お祝い申し上げますとともに

お二人の

”希望に満ち溢れた未来”

を心よりお祈り申し上げます

 

20180818_144734 (002)