雨が続いてますが…夏準備👘

夏の風物詩とも言える浴衣。。

去年はお祭り花火大会も中止になってしまって着れなかったなぁ😂

今年はたくさん着たいです💖

浴衣は手軽にオシャレが楽しめる和服で、年代問わず多くの方に人気がありますよね‼️

近年では外国人がお土産として買っていくなど、海を超えてその存在は認識されてきましたー。

そんな浴衣ですが…実はオシャレ着として着る和服ではありませんでした😵

浴衣が作られたのは平安時代のこと、

当時、浴衣は貴族がお風呂に入る時の着る着衣として使われていました。

裸を隠す為、火傷防止、汗取りの用途で着ていました。

その当時の名称は「湯帷子(ゆかたびら)」

ゆかたびらの「ゆかた」を取ったことが語源になっていると考えられるそうです。

その後、時代が変わり安土桃山時代になると、

浴衣はお風呂上がりに着る湯上り着寝間着として着られるようになりました。

下着として使われていた浴衣でしたが、

江戸時代中期になると街で着る人が増えてきました。

こうして次第に浴衣は外出着として認識されるようになりました。

貴族が着る浴衣でしたが江戸時代後期からは風呂屋の普及もあり庶民にも広まりました。

こうして様々なことが起こって今の浴衣があることを考えると、

とても趣きのある和服ですよね👘🌸

今年も沢山の浴衣が入荷しました❣️

お気軽にお立ち寄りください(*≧∀≦*)

image2

image0image1image4image3