株式会社たちばな 株式会社たちばな

たちばなの歩み

前史
長野県鬼無里村で
松屋洋品店として創業

最後発の不利を乗り越え、地域一番店の洋品店に。

1954年(昭和29年)、長野県鬼無里村に、たちばなの前身である松屋洋品店を松本久良が創業。松本久良が第二次世界大戦から帰還後、「人の役に立つ」ことをしたいと願い、村で最後発の洋品店として商売に没頭。地域一番店として多くの皆さまに愛される。

1970年代に入り、現会長の松本秀幸が「きもの」という商売に魅了され、本格的に「きもの」を取り扱うようになる。「きもの」を扱う商売は、日本の文化を守り、継承していく役割を担い、「きもの」が人と人とをつなぎ人間関係がより深くなる価値ある仕事であることに気づく。

創業期
ゼロからの再出発
-1979年~1988年-

「徹底する」「思いついたことを全部やる」チャレンジにチャレンジを重ねる日々。

1979年(昭和54年)、鬼無里村で安定した商売を続けることに拘っていた父を説得し、松本秀幸が念願の長野市に株式会社たちばなを設立。松本秀幸が社長となり、鬼無里村時代に、「きものの商売は人が大切である」ことを学び、お客様や社員の輪を広げることに熱意を持って邁進。

きものに触れることができる数多くのミニイベントの開催を行いながら、紹介されたお客様への挨拶回り、パートの方々の組織づくりを毎日こつこつと励む。創業から数年間は、これらを「徹底する」ことに勤しむ毎日を過ごす。そして「思いついたことを全部やる」ことで、小さな成功も失敗も原因を調べ、次に生かすことを徹底し第二期で3.1億円だった売上が、第三期で5.3億円、第四期で8.5億円と順調に成長。社員も第四期には20人程の規模となる。

大規模販売会「きものライフ」が成功し、「お客様に喜んでいただく」「売上を伸ばす」を同時に達成することとなる。

成長期
健全経営への道
-1989年~1998年-

最後発の不利を乗り越え、地域一番店の洋品店に。

「きものライフ」という催事が成功をおさめる反面、売上高と経常利益率の矛盾があることに気づく。世間がバブル景気の真っ只中、会社の売上高の柱でもある「きものライフ」という催事を打ち切ることを決断。広告費や人件費など莫大な経費をかけてお客様を集める事業形態から、お客様を育てながら自分たちも育っていく、きもの商売の基本に立ち返った「専門店」として再出発をする。

長野本店の移転、松本店、上田店、飯田店、飯山店、岡谷店、中野店、更埴店、佐久店、あづみの店と1988年から1997年にかけて専門店を次々に開店。きものだけでなく、周辺商品も販売し商品の多角化を行い、地域のコミュニケーションの場として会員数を順調に伸ばしていく。

転換期
新しい呉服店への挑戦
-1999年~2006年-

フォトスタジオ事業の開始。

長野本店を移設した1988年(昭和63年)には、1兆600億円あった呉服業界全体の売上高は、バブル崩壊とともに縮小し、1997年(平成9年)には8,500億円となり10年間で6割弱の規模となり縮小の一途。そんな中、堅実経営を貫いた株式会社たちばなは、多くの呉服店が陥るなか、黒字経営を保つことができ売上高も右肩上がりとなり、1999年(平成11年)には、創業以来最高の41.1億円の売上高を達成。

積極的な出店と商品の多角化を軸に、堅実な成長を遂げてきたものの、同じ戦略がもはや通用しない時期に突入。「今のままでは厳しい」と判断し、店の統合など経営をスリム化に努める。

店舗を整理し、経費の管理を徹底しながら、新しい「売り方」を考え、客数増のためにフォトスタジオ経営に乗り出し、2002年(平成14年)、「フォトスタジオ ミルキー」(現フォトスタジオ シャレニー)を開業。フォトスタジオ事業と同時に、たちばなはSC(ショッピングセンター)へ出店。新しい呉服店への挑戦が始まりました。

第二創業期
天職の発想
-2007年~2012年-

市場を創るための「5つの日本一」。

2009年に松本秀幸が会長となり、松本亮治が社長に就任。たちばなの事業継承の第一歩を踏み出す。理念とビジョンの設計次第で会社は変わるという強い想いから、「私たちはきものを通して日本の文化を大切にし家族の幸せづくりを応援します」という理念のもと、市場を創るための「5つの日本一」というビジョンを掲げる。

ビジョンを明確にすることで会社としての道標が示され、毎年120%成長企業へと成長の道を歩む。

>>たちばなのビジョン「5つの日本一」

未来
みなさまとともに
-2013年~-

第二変革期として未来への歩み。

シャレニーのFC(フランチャイズ)展開の可能性から発足した「スタジオから日本を元気にする会(SNG47)」のスタート。

礼装きものレンタルをインターネットを通じて行える「着物レンタル365」のサービスを開始。

「着物の文化を広める」という念いから、東京・銀座に新しい「きもの」の世界を創造する着物専門店「GINZA 和貴」をオープン。

これからも株式会社たちばなは、みなさまとともに「きもの文化の未来」への歩みを進めてまいります。

天職発想で顧客づくりが見える

天職発想で顧客づくりが見える(著:松本秀幸)著:松本秀幸

30年間で6分の1に縮小した呉服業界にあって、利益率10%という驚異的な成長を遂げている株式会社たちばな。その「天職発想」に基づく経営ノウハウを、創業者・松本秀幸が60年の歴史を振り返りながら、余すことなくお教えします。21世紀の中小企業経営に必要なことはすべて、この一冊に!